Case study

冷蔵庫の温度管理、定期計測
業種:大手小売スーパー

経営課題

食品衛生管理の観点からHACCPやFSMA準拠のために、食品の製造・加工・包装・保管を行う全ての企業からのFDAへの温度環境のデータでのレポートが義務付けられ、その対応が年々厳しくなってきている。また冷蔵庫の経年劣化や作業員の冷蔵庫の閉め忘れ、霜の影響でドアが完全に閉められていないといった人為ミスにより商品に大きな被害が出る事がある。その他にも冷蔵庫の定期温度観測も人の手で紙ベースで管理しており、非効率な状況。

導入サービス

冷蔵庫の温度管理、定期計測 

携帯電波、Wifi電波が届かない育成環境のため、LoRa WAN通信技術を使ったIoT Solutionを導入。LoRa WAN通信により、分厚い壁があってもセンサーからGatewayにデータが届き、リアルタイムで24/7での育成環境をモニタリングすることができ、データ化を実現。

導入効果

人の手による温度の計測を行わなくて済む様になり、対応コストの削減に効果があった。また夜間の電気系統のトラブルによる温度異常にいち早く気付く事が出来るようになり、商品の廃棄被害が減った。温度情報をデータ化して記録する事で、FDAへの報告がスムーズになり経営リスクを大幅に軽減する事が出来た。

各ユースケ―ス毎の詳細資料をお送りします
お問い合わせください